トップページエクセル操作編>オートフィル(数値の差分で連続データ)

エクセル操作編

オートフィル(数値の差分で連続データ)

【2003、2007、2010】

数値の入った連続したセルを選択して、オートフィル機能を使用すると連続データを簡単に入力することができます。

オートフィル

図のように、数値の入った1つのセルをオートフィルした場合、数値はコピーされます。
>オートフィルの使い方

オートフィル

数値の入った連続したセル「A1」~「A2」を選択して、オートフィルを実行する。

オートフィル

そうすると2つのセルの差(+1)を反映した連続データが入力されます。

オートフィル

それぞれの列で、2つのセルをオートフィルした結果です。
「B列」=+2、「C列」=+50、「D列」=-5のように連続データが簡単に入力できます。

ポイント

オートフィルを使って、コピーする場合と連続データにする場合の使い分けをマスターしておくと作業効率がアップします!