トップページエクセル操作編>セル内の文字列を折り返して表示する

エクセル操作編

セル内の文字列を折り返して表示する

【2003、2007、2010】

セルに入力した文字列が列幅より長くなった場合、列幅を広げてセル内に収めることができます。全体のレイアウトの関係などで列幅は変更したくない場合は、文字列を折り返して表示することができます。(下記操作画面はExcel2007)

セル内の文字列を折り返して表示する

図のように「B列」内に文字列が収まらない場合の例で確認しましょう。
まずは、セル「B4」を選択します。

折り返して全体を表示する

「ホーム」タブ→「配置」グループ→「折り返して全体を表示する」をクリックします。

セル内表示

「B列」の幅で折り返されて、列幅を変更することなく文字列が表示されます。
※セル「B4」を選択して「折り返して全体を表示する」をクリックで解除できます。

任意の位置で折り返す

任意の位置で折り返す

任意の位置で折り返す場合は、セルを編集状態にして、折り返したい位置へカーソルを移動させます。「Alt」+「Enter」を押すとカーソル位置から改行されます。

任意の位置で折り返す

セルの編集を確定すると図のようになります。

ポイント

「Alt」+「Enter」は覚えておくと便利だよ♪
セル内にすべての文字列を全体表示するには、ほかにも「縮小して全体を表示する」方法があります。