エクセル関数

IFのネスト

IF関数

=IF(論理式、真の場合、偽の場合)

IF関数の引数にさらにIF関数を指定することができます。これをIF関数のネスト(入れ子)といいます。

処理の概要

IF関数

点数によって「A,B,C」の3段階に評価する例で確認しましょう。
まずは【論理式】点数が90以上で、【真の場合】は「A」とします。【偽の場合】に、さらにIF関数を指定して、【論理式】点数が70以上を指定します。そして真偽で「B」「C」をわけます。

これで、90以上が「A」、90未満~70以上が「B」、70未満~が「C」と3段階に評価できます。

使用例

IFネスト

実際にエクセルで入力すると、=IF(B3>=90,"A",IF(B3>=70,"B","C"))となります。
直接入力する場合、引数が2つあるので、最後はカッコが2つ続いているので注意しましょう。

ポイント

入れ子を3つ、4つ・・・にして、さらに条件を増やすことができますよ♪

関連リンク